指関節が痛い!【腫れ痛みの原因】

指関節が痛い!指関節の腫れ症状、痛み症状の原因・治療法について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆脊髄神経による指関節の痛みについて

 指関節に痛みを伴う症状を発症した場合、まずその痛みの原因が何によるものであるのかについてしっかりと原因を把握する事が大切です。

 この原因を探る際にまず検討すべきポイントは「脊髄神経の圧迫」から発症する指関節及び腕のしびれ症状です。

 脊髄神経は首の頚椎と呼ばれる湾曲した骨の中から全身へ神経組織を張り巡らしている人体の中心的な神経組織です。

 人間の頚椎は7本の頚椎で構成されており、頚椎の「4~7番」の頚椎の間からは腕の神経が指先に向かって流れております。

 この腕に流れる脊髄神経に圧迫などが起こると、指関節の腫れや痛みが発症してしまうのです。

 肩こり症などに悩まされている方でマッサージなどに行く方は腕の前腕部分(肘から先の部分)のマッサージを受けた経験をお持ちの方が多いかと思います。

 マッサージの際に肩こり症状を訴える場合、肩だけでなく腕のマッサージを中心に揉みほぐしているのも、この4~7番の神経伝達経路をほぐしている事になります。

 実際には指関節に痛みを生じる症状は様々な病気の可能性や原因が検討されますが、脊髄神経による指の痛みは頚椎の損傷の可能性など大きな疾患の可能性もある為、まずは神経系の疾患の可能性を検討する必要があるのです。

◆脊髄神経とは?

 脊髄神経とは、脊椎の椎間に一対ずつ出ている神経のことです。

 脊髄神経は脊髄から発する末梢神経のひとつで、左右対称に31対ずつ神経があり、1対ずつ左右の椎間孔から外に出る形状をしております。

【神経の医学的分類】
★C1~C8(第1頚神経~第8頚神経)
●Th1~Th12(第1胸神経~第12胸神経)
●L1~L5(第1腰神経~第5腰神経)
●S1~S5(第1仙骨神経~第5仙骨神経)

 脊髄神経の圧迫が原因として指関節に痛みを発症している場合は上記の第1頚神経~第8頚神経に圧迫症状を発症していないか確認していくことになります。