指関節が痛い!【腫れ痛みの原因】

指関節が痛い!指関節の腫れ症状、痛み症状の原因・治療法について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆第一関節が腫れる・曲がる症状・原因について

 指関節の第一関節に腫れや痛みを伴う症状を発症した場合「ヘバーデン結節」と呼ばれる指関節の病気を発症している可能性が考えられます。

 ヘバーデン結節とは、指の第一関節を中心にコブ状の腫れや変形症状をもたらす疾患で「変形性関節症」の一種です。

 変形性関節症の代表としては変形性股関節症や変形性肩関節症がありますが、症状は同類で指関節そのものが変形する症状をもたらすという特徴があります。

 指関節の変形性関節症としては、指の第一関節のヘバーデン結節と合わせて、第ニ関節に変形をもたらす「ブシャール結節」と呼ばれる病気があります。

 このブシャール結節はヘバーデン結節を発症している患者のおよそ20%に合併症として症状を発症することも確認されております。

 尚、医学的には明確な原因は確認されておりませんが、加齢にともなって発症確率が高くなる疾患であり男性よりも女性に多く発症することが確認されております。

 指関節の変形を伴う疾患には「リウマチ結節」がありますが、ヘバーデン結節はリウマチ結節とは全く異なる指の病気です。

 ヘバーデン結節が確認される指は主に人差し指、中指、薬指、小指の第一関節(DIP関節)に集中します。

 症状としては赤い腫れや第一関節から指先が曲がる変形症状、そして「ミューカスシスト(粘液嚢腫)」と呼ばれる透明の水ぶくれのようなものが第一関節に発生する事があります。

 治療法としてはまず安静が第一で、痛みが極端に強い場合は「ステロイド関節注射」を行ないます。

 変形が強く日常生活が困難な場合はコブ状の結節を手術によって取り除くケースもありますが、原則として保存療法による治療からはじめます。

◆指先の爪の根元・爪の周囲に赤い腫れの原因と治療法

 指先の第一関節から爪の根元・爪の周囲に赤い腫れが見られる場合は、「ヘバーデン結節」の可能性以上に「ひょう疽(ひょうそ)」の発症の可能性を検討する必要があります。

ひょう疽の腫れ症状

 ひょう疽とは「黄色ブドウ球菌」を代表とする細菌の感染によって赤い腫れを特徴とする症状を発症する細菌感染症です。

 最も発症しやすい好発部位は、爪の根元から付け根の周囲で、小さく赤く盛り上がるような腫れが見られる点がひとつの特徴です。

 爪の周辺に発症する疾患でもあることから「爪囲炎」、もしくは「化膿性爪囲炎」とも呼ばれております。

◆ひょう疽の発症原因

 ひょう疽は黄色ブドウ球菌を主体とする細菌感染症ですが、「大腸菌」「緑膿菌」など様々な細菌類が発症原因となり症状を発症する病気です。

 小さな傷口などから感染するケースも多く、深爪なども爪囲炎の発症原因となり得る為、注意が必要です。

 家事によって水に触れる機会が多い場合や、乳幼児のおむつ交換の際なども細菌感染の原因となり得る為、女性に多く発症する傾向が見られます。

 また、この赤い腫れは腫れが大きくなると痛みが強くなりますが、数日で回復してくるケースも多く、特に専門的な治療をしなくても数日で症状の改善が見られるケースが多くあります。

◆ひょう疽・爪囲炎の治療法

 ひょう疽・爪囲炎は一度発症すると、その後何度も再発する可能性を持つ指関節の傷害です。

 特に指を酷使しがちな女性の場合は、何度も痛みを繰り返し発症する傾向がある為、早い段階で細菌感染症に対抗する抗生剤の服用を行い症状を最小限に食い止め悪化の進行を食い止める意識を持つことも大切です。