指関節が痛い!【腫れ痛みの原因】

指関節が痛い!指関節の腫れ症状、痛み症状の原因・治療法について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆脊髄神経による指関節の痛みについて

 指関節に痛みを伴う症状を発症した場合、まずその痛みの原因が何によるものであるのかについてしっかりと原因を把握する事が大切です。

 この原因を探る際にまず検討すべきポイントは
●脊髄神経の圧迫
から発症する指関節及び腕のしびれ症状です。

 脊髄神経は首の頚椎と呼ばれる湾曲した骨の中から全身へ神経組織を張り巡らしている人体の中心的な神経組織です。

 人間の頚椎は7本の頚椎で構成されており、頚椎の
●4~7番
の頚椎の間からは腕の神経が指先に向かって流れております。

 この腕に流れる脊髄神経に圧迫などが起こると、指関節の腫れや痛みが発症してしまうのです。

 肩こり症などに悩まされている方でマッサージなどに行く方は腕の前腕部分(肘から先の部分)のマッサージを受けた経験をお持ちの方が多いかと思います。

 マッサージの際に肩こり症状を訴える場合、肩だけでなく腕のマッサージを中心に揉みほぐしているのも、この4~7番の神経伝達経路をほぐしている事になります。

 実際には指関節に痛みを生じる症状は様々な病気の可能性や原因が検討されますが、脊髄神経による指の痛みは頚椎の損傷の可能性など大きな疾患の可能性もある為、まずは神経系の疾患の可能性を検討する必要があるのです。

◆バネ指による腱鞘炎について

 指関節に激しい痛みを伴う指関節の病気の代表のひとつに
●バネ指
と呼ばれる腱鞘炎症状があります。

 ばね指の大きな特徴は、その名前のとおり
●指がばねのようにひっかかる症状
を特徴とする症状を発症する点です。

 この症状からバネ指は弾発指とも呼ばれますが、炎症が悪化すると大きな痛みを伴うようになる進行性の病気であるため注意が必要です。

 但し、バネ指の進行は非常にゆっくりとしているケースが多く初期症状を自覚してから
●数年かけて悪化
していくケースも多くあり、痛みも定期的に治まることから発見が遅れるケースも多く確認されております。

 ここで把握しておきたいばね指の初期症状としては
●寝起き時に指が伸びづらくなる
という典型的な症状です。

 この寝起き時の指の違和感や跳ね返りのような症状が確認された場合は、ばね指の初期症状と検討することが出来ます。

 尚、ばね指の発症は男性よりも女性に圧倒的に多く発症する傾向があり30代以降から徐々に発症割合が増加する傾向にあります。

 指関節の痛みは我慢できる範囲であり朝方を過ぎると徐々に痛みも緩和してくるため長年にわたり放置してしまう方が多くいますが前述した通り進行性の関節障害ですから、できるだけ早期に適切な治療を行うことが大切です。

◆治療と手術について

 ばね指の治療では、指関節の使い過ぎに注意する安静を保つ保存療法と、指の引っ掛かりの原因となっている腱鞘部分の炎症を直接取り除く手術療法の2種類の治療法があります。

 ばね指は手術をしない治療の場合、完治の可能性は30パーセント程度と非常に確率が低いため手術を最終的に検討する患者が多いのも事実です。

 ばね指は炎症によって指の腱が骨と癒着してしまう事によって痛みを発症する腱鞘炎です。

 この炎症を抑えるにはステロイドホルモンなどの薬物療法も可能ですが、薬物療法のみでは腱と骨の癒着した部分をはがすことは出来ません。

 手術では、この癒着してしまった部分をメスで剥がしとる手術を行います。

 尚、手術は日帰りで可能です。

 費用も保険適用の場合、健康保険の種類にもよりますが、自己負担で2万円程度とされております。

 手術を検討する場合は、必ず医師へ一度診察を受け、相談をしてから検討しましょう。

◆ストレートネック症状について

 指関節に痛みを伴う症状を発症した原因のひとつに前項で解説した
●脊髄神経の圧迫
によって指関節に痛みを発症するケースがあります。

 その脊髄神経の圧迫によって発症する首の病気のひとつに
●ストレートネック
と呼ばれる頚椎の障害があります。

 このストレートネックとは、頚椎が本来持っているクッションの働きをもつ
●頚椎の湾曲構造
が損なわれる事によって痛みを発症する首の病気です。

 ストレートネックは文字通り、頚椎の湾曲がストレート(まっすぐ)になってしまうという独特の特徴をもち、脊髄神経の4番~7番を圧迫することで
●腕から指関節
にかけてしびれや痛みを発症します。

 パソコンなどの普及により、このストレートネック症状はとても多く確認されるようになっております。

 主に首周辺の痛みよりも上肢に症状を発症するケースも多く、認知度がまだ低い事から発見が遅れるケースも多くあります。

 慢性的な頭痛症状や握力の低下などの症状がある場合は、頚椎の神経系の疾患の可能性を一度チェックしておくべきでしょう。

◆指関節の医学的名称について

 指関節は一般的に指先の第一関節、中間の第二関節、そして指の付け根部分にあたる関節に分類されます。

 尚、各種関節は医学的に以下の名称で呼ばれております。

【指関節の医学的名称一覧】
★DIP関節 ⇒ 遠位指節間関節(第2指~第5指の指先から一番目の関節)
★PIP関節 ⇒ 近位指節間関節(第2指~第5指の指先から二番目の関節)
★MP関節 ⇒ 中手指節間関節(指の付け根の関節)
★IP関節 ⇒ 指節間関節(親指の指先から数えて一番目の関節)

 自分の手の指を見てみるとわかりますが、親指は2関節、第2指~第5指は3関節で構成されております。

 その為、上記のように親指と第2指~第5指では呼び方が若干変化しております。

 突き指が最も多く発症する関節は近位指節間関節ですからPIP関節です。

 また、骨が剥離するマレッドフィンガーと呼ばれる指の病気や前述した変形性関節症のへバーデン結節などは遠位指節間関節のDIP関節に発症します。

 基本的な豆知識ではありますが覚えておいて損はありません。

◆指関節が痛い!指関節の腫れ痛みの原因・治療法

◆カテゴリ一覧